FC2ブログ

今日のアネクドート-59

北朝鮮のbrinkmanshipも極まれり、といった状況。
米朝のチキンレース。
国家というものの意地の張り合いはどこか、ガキの意地の突っ張りあいのようで滑稽でもあるが、飛んでくるのが石の礫ならぬ、核の礫と来た日には目も当てられない。
人間の日々の営みが地球を破壊しつつある中で、人を、地球を破壊する核を持つことに嬉々とする図は何をかをいわんやだ。

<今日のアネクドート>
Программист у врача:
- Доктор, я болен. Я не могу оторваться от компьютера. По 18 часов в сутки провожу перед монитором!
- Безнадежных случаев не бывает, будем лечить.
- Чем?
- Ясно чем - алкоголем, сигаретами, бабами!


<和訳>
プログラマーが医師の診察を受けている。
「先生、自分は病気ですよ。コンピュータから離れることができません。モニターの前で1日18時間も過ごしているんです」
望みがないわけではありませんな治らない病気などそうあるもんじゃありません。大丈夫ですよ」
「どうやって治すのですか」
「かんたんなことです。アルコール、喫煙、女性で治ります」


常習癖は常習性のあるもので直すということか。
目には目を、歯には歯を、毒には毒を、では根本治癒にはならない。
しょせん、人間の考えることはかく(核)のごとく滑稽なり・・・

cynicismもまた滑稽。
「死に沈む」ことになる・・・
スポンサーサイト



今日のアネクドート-58

タモリがやっている深夜番組に「空耳アワー?」というのがあったと記憶している。
まだ、やっているかどうか、深夜番組も見なくなったので分からないが。

<今日のアネクドート>
Разговор новенькой секретарши и админа:
- Наташа, вы хоть знаете что такое ЭКСЕЛЬ?
- Конечно!
- И что же?
(с гордостью) - Размер одежды!


<和訳>
新しい秘書と上司との会話。
「ナターシャ、エクセルとはどんなものか分かっているかな」
「もちろんですわ」
「どんなもの?」
「(誇らしそうに)服のサイズです」


秘書のあ~あ勘違い。

エクセル(Excel)とエクスエル(XL)。
早口で「エクスエル」というと「エクセル」に聞こえる。
こういうものはバンコク今日通過、おっと、万国共通か。

それとも、この秘書、エクセルなど知らなかったりして・・・



今日のアネクドート-57

おしどり夫婦などと言うが、鳥の中には一度つがいとなると、一方に死なれた場合に一生"独身"のままで過ごすのもいるらしい。互いに対する愛着がよほど強いのだろう。

いつも一緒にいると相手の習慣がうつってしまうこともある。
それほど悪いものでなければいいが、ひどいのがうつったら大変なことになる。

<今日のアネクドート>
Муж спрашивает жену:
- Как ты думаешь, почему соседи называют тебя идиоткой?
Жена отвечает:
- Был бы ты генералом, называли бы генеральшей!


<日本語訳>
夫が妻に尋ねた。
「お前はどう思うんだ? お隣さんたち、お前のことを『阿呆の奥さん』って何で呼ぶのだろうね」
妻が答えた。
「あんたが将軍なら、『将軍の奥さん』って呼ばれるわよ!」


夫が馬鹿だと妻も大変ということなのだろう。
内助の功という表現も日本にはあるけど・・・

今日のアネクドート-56

物事はよかれと思ってやっても裏目となることが多い。
「Windows Liveおすすめパック」なるものをインストール。さぞかし使い勝手がよくなるだろうと思ったのだが、その反対。
リソースを食いすぎてPCの動作があまりにも緩慢になってしまった。
こりゃだめだと、新規インストールしたものをすべてアンインストール。
“Newer” is not always betterと改めて実感。

「新帯研 第45回(http://www.rosianotomo.com/blog-anekdot/archives/2009/02/45.html)」のオチが分からず、『便秘状態』が続いている今日このごろ、ちょいとオチが分かるものをやって憂さ晴らし…。

<今日のアネクドート>
-- Твоя жена весь день на кухне. Она любит готовить?
-- Что ты! Нет, конечно! На кухне наш телофон.


<日本語訳>
「キミの奥さんは一日中キッチンにいるね。料理好きなのかい?」
「まさか!全然違うよ!キッチンに電話があるんだ」


「キッチンドリンカー」の奥方も結構いると聞くが、今回は料理ではなくおしゃべり好きな奥方というオチ。

とかく、他人の家の芝生は青く見えるもの。
青い鳥は身近にいる。
とはいっても、ご飯も作ってくれないのでは・・・



さとう好明さんの新著紹介

アネクドートに学ぶ実践ロシア語文法アネクドートに学ぶ実践ロシア語文法
(2009/01)
さとう 好明

商品詳細を見る


今日のアネクドート-55

先だって健康診断を受けてきた。
エコー診断というもの。
オシッコをためていかないと怒られる。
プチ拷問のような健康診断を受ける際になぜ怒られなければいけないのかと思う。
今回は「だいぶたまっていますね」と言われた。
どこか嬉しいような変な感じ・・・

<今日のアネクドート>
Врач:
- Нельзя пить, курить и встречаться с женщинами.
- Доктор, но я же мужчина!
- Можете продолжать бриться!


<日本語訳>
医者が言った。
「お酒もタバコも女性もだめですね」
「先生、そんなこと言ったって、私はね男なんですよ!」
「髭くらいは剃ってもいいですよ!」


男性ホルモンによって生えてくる髭で自分の「男」を感じなさいということか。
それにしてもどんな病気なんだろう・・・



さとう好明さんの新著紹介

アネクドートに学ぶ実践ロシア語文法アネクドートに学ぶ実践ロシア語文法
(2009/01)
さとう 好明

商品詳細を見る

プロフィール

Nao Takahashi

Author:Nao Takahashi
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク