FC2ブログ

今日のアネクドート―15

人間は利便性の追求に貪欲だ。
東京ではSuicaだけでなくPasmo(パスモ)というICカードも昨日から使用できるようになった。地方にいる身としてはちょっぴり羨ましい。もっとも電車などほとんど乗る機会もないが。
大宣伝を打っていた、このPasmo、プログラムの不備できちんと使えなかったそうだ。
テクノロジーばかり進んでも、肝心の人間はアナログのまま。間違うのが前提であることを頭に入れておきたいものだ。

<今日のアネクドート>
Жена программиста:
- Дорогой, у нас будет ребёнок!
Программист: - Ты хочешь сказать, что я некорректно вышел?


<語句>
программист (m) n. programmer
дорогой (m) n. daring, dearie, sweetheart
ребёнок child
некорректный adj. ill-conditioned, inappropriate, indecorous
выйти v. go out, exit; appear; come out, emerge; escape

<日本語訳>
プログラマーの妻「ねえ、あなた。赤ちゃんができたわ!」
プログラマー「終了の仕方がまずかったって言いたいのかい?」


выйтиをプログラマーが使うと「プログラムを終了させる」という意味で使いそうだ。それと実際のполовой актのやめ方が悪かったことをかけている?


<英語訳>
Programmer's wife : Darling, we are having a baby!
Programmer : Do you wanna say I exited a loop inappropriately?


コンピュータ関連の表現ではexit a loop「ループから抜ける」という言い方がある。loopというのはプログラム中の反復処理部分のことで、まさに反復行為から抜け出るという意味になる。へへへ・・

スポンサーサイト



今日のアネクドート―14

新しいメデイアはとかく悪者扱いされる。
テレビに関しても青少年に対する悪影響ばかり述べられてきた。
インターネットの影響力はテレビ以上かもしれない。中国はその影響力を警戒してか、Googleの検索エンジンに対しても制限をかけている。中国で『天安門事件』と検索をかけてもヒットしないらしい。


<今日のアネクドート>
Ученые выяснили что во времена Иисуса были компьютеры и
сети:даже в библии написано:
"Подошел Иисус к ученикам и сказал:
- Бросайте сети и идите за мной!"


<語句>
ученый (m) n. scholar; scientist  
выяснить v. find out; study out
время (n) n. time; period, era
Иисус (m) n. Jesus
сеть (f) n. net, network, web; circuit; chain
даже adv. even
библия (f) n. Bible
написать v. write
подойти v. approach, go with, match; fit, be suitable
ученик (m) n. disciple; pupil, schoolboy
бросать v. throw (away), cast
идти за v. follow; go after


イエスの弟子、ヤコブやヨハネも漁師だったのだけれど、イエスに「私に従いなさい」という言葉をかけられて仕事道具である網を打ち捨てイエスに従ったという。漁師を弟子にする記述は聖書にいくつか出ているようだ。この小話ではсетиが魚を取る『網』とインターネットの『ネット』の二つの意味にかけられている。

<日本語訳>
学者がイエスの時代にもコンピュータやネットがあったことを突き止めました。
聖書にも次のように書いてあります。「イエスは弟子に近づき言った。『ネット(網)を捨てて、私に従いなさい』」


イエスの「ネットを捨てなさい」という発言を元にイエスの時代も『ネット』があったネっということらしい。
古い価値観を捨て新たなことを始めるのはいつの時代でも困難なことだろう。そうであっても、新しい風を受けることには抗し難い魅力があるのも確かだ。しかしながら、ネットに接続することが既定となった社会で「そんなものは捨てなさい」と言われてもなかなか「ハイ」とは言えない。ネットの世界の方にこそ、新しい価値の創出が行われ、今後もそうあり続けるだろうという予感があって、その関係を絶ちがたいものにしている。

<英語訳>
A scholar found out that in the times of Jesus, there were computers and nets.
Even in the Bible is written : Jesus came over to his disciples and said, “Leave your Nets and follow me.”


今日のアネクドート―13

インターネット上のなりすまし詐欺などの行為があとを絶たない。
本人確認はネット上だけでなく銀行などのATM取り扱いコーナーなどでも必要だ。
最近では静脈パターンで本人を確認する技術も実用化されたようだ。
「指紋」などよりも、「虹彩・網膜」や「静脈」などの認証システムのほうがセキュリティの面でははるかに優れているらしい。コストも高くつきそうだが、あれこれ情報を入力しなくてもシステムの方で瞬時に認識してくれるようになったら便利だ。
でも、指を怪我しちゃったら本人確認できないし、そうなったら面倒くさい手続きが待っているのだろうか?と素人の素朴な疑問・・・

<今日のアネクドート>
Самолёт. Рейс Нью-Йорк - Москва. Пассажир открывает ноутбук, диалог с Windows:
- Найдено новое оборудование: "Боинг 747". Сконфигурировать?


<語句>
самолёт (m) n. plane
рейс (m) n. flight, trip, voyage, journey
пассажир (m) n. passenger
открывать v. open
ноутбук (m) n. notebook, notebook(or laptop) computer
диалог (m) n. dialog
найденный adj. found, detected
оборудование (n) n. equipment, supplies, tool, device
боинг Boeing
конфигурировать v. configure


<日本語訳>
旅客機。ニューヨーク-モスクワ便。乗客がノートブックを開くと、Windowsのメッセージが表示:『新しいデバイスが検出されました:Boeing 747。設定しますか?』


コンピュータがいくら便利になったからといって、片っ端から周囲にある機器を認識してしまうとしたら困ったもの。でも、旅客機の設定ができるとしたら、ハイジャックなどお茶の子さいさいだ。機内持ち込み制限リストにパソコンなどもそのうち含まれちゃったりして・・・

<英語訳>
Airplane. Flight from New York to Moscow. A passenger opens his notebook computer.
A message appears: "New device detected : Boeing 747. Do you want to configure?"

今日のアネクドート―12

テクノロジーが進んで便利になった。
この10年の進歩は目を見張るものがある。10年前は文章を打つのにワープロを使っていた。今はパソコン以外は考えられない。10年前使っていたワープロは当時18万円くらいした。今そのくらい出せばノートパソコンのちゃんとしたものが購入できる。パソコン自体も最初はワープロ機能しか必要ないと思っていたが、どうしてどうして、Excelなどで表計算したりグラフを作ったり、ワードにコピー&ペーストで絵を張り付けたり、音楽を聴いたり映像を見たり、インターネットであれこれ検索したり、とパソコンのない生活などもはや想像できなくなっている。当初はこうした文章も手入力していたが、タイプする量が多いと腱鞘炎になりそうなので音声入力ソフトを買ってみた。日本語のみであるが結構使える。この文章も音声入力している。時々細かさになるので、入力したければいけないか(おっと間違えた)、時々お馬鹿さんになるので手入力しなければいけないが(と手入力している)、学習能力もあるようで、使えば使うほど認識力もよくなっていくようだ。
昨年のセンター試験の英語の問題に出たのだが、アメリカのNASAでは人の思考を読み取る装置を開発しているらしい。そんなものが出来れば、パソコンからキーボードやマウスなどがなくなる日もくるかもしれない。ちょっと恐いけど…

<今日のアネクドート>
Жила-была серая мышка. Сделала она себе обрезание и стала...дистанционной.


<語句>
жил-был v. once upon a time
серый adj. grey
мышка n. mouse
сделать v. make; pull
обрезание (n) n. clipping; circumcision
(clipping 【名】【C】[通例~s] 切られたもの;【U】 切る[刈る]こと
circumcision 【名】割礼; 環状切除; 心の清め)
стать v. grow, become
дистанционный adj. remote, distant

<日本語訳>
昔々、灰色のマウスがおったとさ。マウスは『わ、いや(ワイヤ)』と自分の体を切断してとうとう…コードレス(行動less)になったとさ。



コンピューター関連のアネクドートであるからマウスが動物のネズミであるとは誰も思わないだろう。сделать себе обрезаниеは「自分(の体)を切る」という意味だろうが、ここはコードつきマウスのコード(つまり尻尾)を切ってコードレスマウスになった、という表現と、自分の体を切ったのだから、死んでしまってこの世から遠い状態(あの世の存在)になったという二つの意味がかぶっているような気がする。



<英語訳>
Once upon a time there was a grey mouse. It cut itself and became … distant.


英語ではちょっと遊べなかった。残念・・・

さとうさんからコメントいただき、日本語訳をちょっと変えた。

<日本語訳-改訳>
昔々、灰色のマウスがおったとさ。マウスは『わ、いや(ワイヤ)』と自分の体を切断してとうとう…無行動(無コード)になったとさ。


いきなり「コードレス(行動less)」よりも「無行動(無コード)」のほうがどちらも日本語で掛け言葉になる。ウーン、さすが師匠!(勝手に師匠といってすみません。支障があったら取り消します。なんちゃって・・)




今日のアネクドート―11

ネット空間は匿名性が高い。アメリカや韓国と比べると日本は特に匿名性が高いようだ。
リアルな空間の中で逃げようがない自己を、仮想空間の中で解き放つことができるのもネットの魅力のひとつかもしれない。
「アバター(avatar)」というサービスがある。サンスクリット語のアヴァターラ(=地上に降りた神の化身)という言葉から来たようだ。「自分の分身となるキャラクター」で、なんと髪や服装やアクセサリーやらを自由に着せ替えできる。はまると面白いのかもしれない。有料サービスもあるので需要は高いのだろう。
人間のいわゆる「変身願望」は尽きない。

<今日のアネクドート>
- Стас, я в интернете в чате с такой девчонкой познакомился, ей 17 лет,
она юна и непорочна, красива как богиня и жаждет встречи со мной.
- А её случайно не Изольда зовут?
- А ты откуда знаешь?
- Ну, здравствуй, Антуан.


<語句>
Стас : male first name (form of Cтасов)
чат n. chat
девчонка (f) n. gal, girl ; nance (=[Derogative Slang] homosexual man)
познакомиться v. get acquainted with; meet
юный adj. youthful, young
непорочный adj. pure, vestal, virginal; clean
красивый adj. beautiful, handsome; fair, pretty
богиня (f) n. goddess
жаждать v. thirst, yearn; crave
случайно adv. by accident, not on purpose, by chance, accidentally
звать v. call,


<日本語訳>
「スタス、俺なあ、インターネットのチャットで女の子と知り合いになったんだ。17歳でさ。若くて初心で、女神みたいに美しくて、俺とすげえ会いたがってるんだ」
「ひょっとしてその子、イゾルダって名前じゃなかったかい?」
「お前、どうして知ってるんだよ?」
「ウフ、こんにちは、アントン」


ネットの世界では男性が女性になったり、その逆も可能だ。
女性だと思ってチャットをして、妄想を膨らましていたら実は男性だったなんてことはよくありそうだ。
ネットの怖さはヴァーチャルな世界にリアリティを感じてしまうこと。心のブレーキが大切だ。
用心しなくちゃ!

<英語訳>
“Stas, I met a girl in a chat room on the Internet. She is seventeen. Young and innocent. Beautiful like Goddess. And she badly wants to see me.”
“I wonder if her name might be Isolde?”
“Where did you get to know?”
“Well, hello, Anton”


名前をどうしようか、と迷ったがそのままで今回は行くことにした。何かいい名前がないかな・・・








プロフィール

Nao Takahashi

Author:Nao Takahashi
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク