FC2ブログ

今日のイディオム-5

Bob Dylanの大ヒット曲『風に吹かれて』の歌詞の一節。

How many times must cannon balls fly before it's forever banned?
The answer, my friend, blowing int the wind. The answer is blowing in the wind.



永久に禁止されるまで砲弾はどれほど飛び交うのだろう?という疑問に現在、答えはない。今も風に吹かれたままになっている。

<今日のイディオム>
КУДА ВЕТЕР ДУЕТ


<Words & Phrases>
куда:to the place where
ветер (m) :n. wind, breeze
дуть:v. breathe, blow

直訳は
「風が吹いている方向へ」となる。

この感覚は日本語でも同じようだ。
で、その意味は?


続きを読む»

スポンサーサイト



今日のアネクドート―25

ロシア発の企業もガスプロムなど有名なところがあるし、実業家もプレミアリーグ「チェルシー」のオーナー、アブラモヴィッチ氏など、良いか悪いかは別として、メデイアを賑やかしている。アブラモヴィッチ氏の離婚の慰謝料が天文学的な数字になって「アア、怖い」と叫んだのは私だけだろうか。

<今日のアネクドート>
Бабушка спрашивает маленького внука:
- Кто любит гавкать?
- Собачка.
- Правильно. А кто любит мяукать?
- Кошечка.
- Молодец. А кто любит мычать?
- Коровка.
- Умница. А кто любит хрюкать?
- Антивирус Касперского.


<Words & Phrases>
бабушка (f) n. grandmother, grandma, grannie
маленький adj. little, small
внук (m) n. grandson; grandchild
гавкать v. bark
собачка (f) n. dog, doggie,
правильно adv. properly, correctly; rightly; okay, alright / O.K.; that's it
мяукать v. meow, mew
кошечка (f) n. cat, puss
молодец well done!, nicely done!, good work!
мычать v. (perf. >промычать) low, moo, make a mooing sound
коровка (f) (← корова) n. cow
умница (mf) n. clever man or woman / (colloquial) good girl
хрюкать v. grunt, snort

ロシア語では動物を指差して「これは何?」と聞く場合は、Кто это?となる。植物の場合はЧто это?というようだ。ロシア民話だけではないが、動物も言葉を話す存在として登場してくることが多い。そういう場合には人間に近い存在という意識の現われなのだろう。英語でも動物がペットなど親しみの持てるものになると、関係代名詞whichの代わりにwhoが使われる。

Have you ever heard about the raccoon dogs who live in a tunnel near my house?
私の家の近くの穴倉に暮らしているタヌキのこと聞いている?

通常、英語では動物はモノ扱いなので、「これは何?」となると、What is this?となる。ロシア語の方が動物を親しみのもてる存在としてより強く意識しているようだ。

<日本語訳>
おばあさんが孫に質問しました。
「ワンワンするのが好きなのは何かしら?」
「犬よ」
「正解。じゃ、ニャンニャンするのが好きなのは?」
「猫」
「すごいじゃないの。それじゃ、モーモーするのが好きなのは?」
「牛」
「よくできたわね。ではね、ブーブーいうのが好きなのは?」
「カスペルスキーのアンチウィルス」


カスペルスキーのアンチウィルスはウィルス検知率ではクラストップのセキュリティ製品。普通に考えれば「поросенок」とか「свинка」あたりの「ブタちゃん」が解答となるだろうが、変なところクリックするとうるさく警告が入るため、年中文句をブーブー言っていると皮肉られている。


<英訳>
A grandma asked her little grandson.
“Who loves barking?”
“A dog.”
“Right. Then, who loves meowing?”
“A cat.”
“Well done! Then, who loves mooing?”
“A cow.”
“Good boy! Then, who loves grunting?”
“Kaspersky Anti-Virus.”


英語の方もwhoが自然だろう。loveの後に動名詞を使っているのは習慣性の強い行為を示すため。

今日のイディオム-4

参院選もたけなわと言っていいのだろう。これに知事選などが絡むと巷はうるさくてかなわない。
大先生方が選挙選ではあれをする、これをするとお約束なさっている。
どんなにすばらしい国になることやら。
でも選挙が終われば、健やかにお忘れに。
また同じことの繰り返しか・・・

<今日のイデイオム>
ЛИТЬ КРОКОДИЛОВЫ СЛЕЗЫ


<Words&Phrases>
лить:v. pour, shed
крокодил (m) : n. crocodile
слеза (f) : n. tear

直訳は「ワニの涙を流す」

ワニは獲物を食べるときに涙腺が緩むのか涙を流すという。
そこからできた表現のようだ。

ワニの涙をどう捉えるかが問題。西洋では否定的に取るようだ。
涙を流して生きていた物を食らうとなれば、供養の気持ちの表れ。殊勝なヤツと(怪しい)仏教徒としては感じてしまう。

で、その意味は?

続きを読む»

今日のイディオム-3

便利な世の中になったと実感するのはどんなときだろう。
水道や電気などのライフラインが断たれたときにそれまで当たり前だと思っていた水や電気も急にありがたみを帯びてくる。

地球という場所に間借りしている人間はもうちょっと謙虚になったほうがいいのかもしれない・・・


<今日のイデイオム>
ПТИЧЬЕГО МОЛОКА HE ХВАТАЕТ


<Words & Phrases>
птичий :adj. bird
молоко :n. milk
хватать < хватить: v. be sufficient :

Чего(~) не хватаетは否定生格を主語にして「~が十分にない、~が足りない」という意味。
ロシア語では名詞の存在を否定するさいには生格に変えて示す。


直訳は「鳥のミルクが足りない」
となるが、鳥って母乳で育てるの?という疑問が生じる。

さてその意味は?

続きを読む»

今日のイディオム-2

事務所経費とかなんやらで実家や親族の自宅の経費も落とせるとあっては国会議員3日やったらやめられないって心情になるのだろうか。

参院選をなんとかごまかして行こうとした矢先に新潟長野で大地震。
ごまかしで動けなくなった議員先生らはどう振舞うのか。
被災された方は本当にお気の毒だ。
何かあれば、政局の具にする輩ばかり。薄っぺらな選挙演説なぞ被災地でしてほしくない。本当に他人のために動いてくれる政治家はどこにいるのだろうか。

<今日のイデイオム>
ЕХАТЬ ЗАЙЦЕМ


<words&phrases>
ехать :v. go; ride; drive
заяц (m) :n. hare

заяцが造格になっている。これは「述語の造格」などと呼ばれることもある表現。

Тогда он был студентом. 当時彼は学生だった。
Я хочу быть врачом. 私は医者になりたい。

「身分やある状態を一時的なもの」であることを示したり、「身分やある状態への変化」などを示すときに造格を用いるようだ。

「生まれつきの性質」や「資質」などに関して述べる際には造格は用いないで主格を使う。一時的なものか、それとも永続的なものか、が一応使い分けの基準になる。
Он был сына врача. 彼は医者の息子だった。

ехать заяцемは述語の造格の応用バージョン。

「ウサギの資格で乗り物に乗る」が直訳。

さて、どんな意味か・・・


続きを読む»

今日のイディオム-1

面白いアネクドートもなかなか見つからない今日このごろ、
お茶を濁すことにした。
イディオム表現に関してちょっと書いてみる。

<今日のイディオム>
МЕДВЕДЬ НА УХО НАСТУПИЛ.


<Words&Phrases>
медведь (m):n. bear
ухо (n) n. ear
наступить:v. come; step on, tread on


直訳は「熊が人の耳を踏んづけた」

となる。

熊に踏まれれば、耳が痛くて大変だ。クマったもんだ。
こんな駄洒落を聞いたときも、耳を手でふさぎたくなるだろう。
(このタカハシというヤツ、自分で駄洒落がうまいと思っているのか!
?・・)

そんな状態をいうらしい。

答えは以下。


続きを読む»

プロフィール

Nao Takahashi

Author:Nao Takahashi
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク