FC2ブログ

完了体と不完了体-3

今回はインターネットのNHKの海外ニュース(3月18日)よりスペースシャトル「エンデバー」の話をもとに動詞の体についてちょっと確認してみる。


Экипаж космического челнока "Endeavour" опережает график своей работы

Американское аэрокосмическое агентство НАСА сообщает, что экипаж космического челнока "Endeavour" приступил к выполнению некоторых целей, поставленных на май, благодаря тому факту, что первый японский лабораторный модуль был собран ранее запланированных сроков.
Японский астронавт Такао Дои продолжает с субботы свою работу внутри японского лабораторного модуля "Кибо", что в переводе с японского языка означает "Надежда", который состыкован с Международной космической станцией. Он занимается проверкой экспериментального оборудования и других устройств внутри этого модуля, опережая график своей работы.
НАСА сообщает, что эта миссия проходит достаточно гладко, и некоторые задачи были выполнены на один-два дня ранее запланированных сроков. В понедельник НАСА приступила к выполнению ряда задач, которые первоначально были запланированы на май. В число этих задач входит подсоединение кабеля к руке робота модуля "Кибо".
Японское агентство по освоению аэрокосмического пространства JAXA сообщает, что такое решение облегчит довольно плотное расписание следующей миссии космического челнока в мае.


スペースシャトル「エンデバー」乗組員、作業スケジュールを前倒し
NASA(アメリカ航空宇宙局 )が伝えたところでは、スペースシャトル「エンデバー号」の乗組員は日本最初の実験棟が予定より早く組み立てられたため、5月に予定していた作業の実施に取り掛かったとのことだ。
日本人宇宙飛行士である土井隆男さんが、国際宇宙ステーションにドッキングした日本の実験棟「きぼう」の内部で土曜日より作業を始めている。土井さんはこの実験棟内の実験装置やその他の機器の確認作業を行っており、予定より早いペースで進んでいる。
NASAによれば、今回のミッションは非常にスムーズに進行しており、いくつかの作業は予定よりも1日ないし2日早く遂行されているという。月曜日、NASAは当初5月に予定していた一連の作業の実施に取り掛かった。この作業の中には実験棟「きぼう」のロボットアームにケーブルをつなげる作業も入っている。
JAXA(独立行政法人宇宙航空研究開発機構)は、今回の決定によって次回5月のスペースシャトルのミッションの過密な作業スケジュールが緩和されると述べている。



記事見出しの不完了体現在のопережаетは現在進行中の動作を述べている。
不完了体現在のсообщаетは3つあるが、歴史的現在。実際の動作はすでに起きているわけだが、伝聞表現として現在形を使うのは、英語のThe newspaper says ~「新聞が伝えるところでは~」などと同じ感覚だろう。
完了体過去のприступил(а)は二つあるが、これは過去から現在をつなぐ用法。結果の存続。「作業を開始し、今も進行中であること」を示している。
был собранに「был」があるのは「ранее запланированных сроков」と「あらかじめ計画されていた期間より早く」という副詞句があるため、собранの行為が終わって作業は次の段階へ進んでいることを示している。これはсостыкованにбылがついていないことと対照的だ。こちらは実験棟「きぼう」が宇宙ステーションにドッキングして今もその状態にあることを示している。
不完了体現在のпродолжаетは現在進行中の動作を示しているととればいいのだろうが、ここが英語と違ってロシア語が鷹揚なところだ。с субботыという過去時の動作起点が示されていてもOK。日本語の感覚に近い。
занимаетсяも今取り組んでいる最中であることを示すが、これも過去から現在につながる感覚もありさらに未来へと継続されることを含意する幅のある表現になっている。
проходитも同じだ。
были выполненыはある作業が実施されて終了し、次の作業へ向かっていることを示している。
были запланированыも同じ。当初は5月に予定されていたが、そうでなくなったことを示している。
облегчитは完了体未来。予定より早く作業が進んでいるために、ここはJAXAの認識として今後のスケジュールの緩和につながったことを明確に示す感じになっている。



スポンサーサイト



今日のアネクドート-43

セキュリテイソフトにはParental Controlという機能もある。
子供が有害なサイトをみないようにとか、インターネットへの接続時間などを制限したりできる。
未成年の携帯電話契約もいろいろと制限をかけられるのがあるようだ。

あまり制限しすぎると、ネットの世界のダイナミズムが失われる。
ケータイ小説なども制限の対象になっていたりするようだ。
読者層の10代が軒並み見られなくなったら、ケータイ小説は衰退の一途をたどってしまうかも・・・。

Optimisticな信頼関係の上に構築されたインターネットの世界だけに規制はちょっと・・・と思うけど、パキスタンがYouTubeを遮断したり、ロシアがエストニアにサイバー攻撃を仕掛けたり、中国がアメリカの国防省のコンピュータに侵入したりと、規制すべきは「国家」なんだけど、こちらはどうにもならないか・・・・

<今日のアネクドート>
- Сынок, мы с мамой прекрасно тебя понимаем и не запрещаем по ночам сидеть за компьютером, но твоя клавиатура мешает даже соседям. Купи себе более тихую.
- Папа, у меня нормальная клавиатура. И я тоже вас с мамой
понимаю, но при этом не прошу купить более тихую кровать.


<日本語訳>
「息子よ、パパとママはお前のことに十分に配慮して、夜はコンピュータの前には座らないことにしているんだ。でもねえ、お前のたたくキーボードの音は隣の人にも迷惑だぞ。もっと静かなキーボードを買いなさい」
「パパ、僕のは普通のキーボードだよ。僕だってパパとママのことは分かっているつもりだけど、でもこの状況じゃ、もっと静かなベッドを買ってとは頼めないものね」


息子が強くキーボードをたたくのはパパとママのエクササイズの音をかき消すためだった。
結構、子供の方も親に気をつかっている。
お互いに気づいてくれない、と愚痴をこぼしたりということも万国共通なんだろう。

понимаем、понимаюは不完了体現在。「理解している」という現在の状態を示す。
запрещаем、мешаетは不完了体現在。繰り返し行われる行為を示している。
купиは命令形で、一回の動作の完結を示す。
не прошуは不完了体現在。「現代ロシア語文法 中上級編」では、「不完了体現在でも能力・可能性を示せるが、それは無限敵的反復の中で捉えられたもの」とある。子供も親の状況(どんな?)がわかっていて、今後も半永久的に「頼めない」というニュアンスで用いているのかもしれない。не попрошуとなれば「今回は頼めない」というニュアンスとなるだろう。



現代ロシア語文法 中・上級編現代ロシア語文法 中・上級編
(2003/05)
城田 俊

商品詳細を見る

今日のアネクドート-42

パソコンのキーボード入力情報を読み取るKeyloggerというソフトがある。
サイバー犯罪者がこの技術を利用する。
PC上でユーザーが入力するIDやパスワードを盗み出し、サイバー犯罪者の元へ届けるという仕組みになっているという。
サイバー犯罪者はその情報を自分で悪用するばかりでなく、他の顧客に売りさばいたりして利益を得ることもあるようだ。
ネット犯罪も分業化が進んでいる。


<今日のアネクドート>
После новогодних праздников, работа в офисе была парализована.
Так никто и не вспомнил пароль на вход в свой компьютер.



<日本語訳>
新年の休暇の後、会社の業務はマヒ状態となった。
だれも自分のコンピュータに入力するパスワードが思い出せなかった。


была парализованаは過去時を意識した表現。После новогодних праздниковは、次に述べることは新年の休暇の後に起こったできごとですよ、という文全体の修飾をする副詞句となっている。

не вспомнилは完了体過去であるが、最初の文で規定されてた時制を受けて過去の意味で用いられている。いわゆるアオリスト用法。自分で書いていてちょっと物足らなかった部分、ありがたいことにさとうさんより知識を授かった。通常、неが来ると不完了体не вспомнилは「не+完了体」で「不可能」の意味を示す。完了体は動作をやりとげることを強く意識しているため、完結に至らなかった動作は実現できなかったものとして不可能の意味となる。(Great thanks to Mr. Yoshiaki Sato for the above underlined part)

работа в офисеのработаは「仕事、業務」の意味であるが、通常、「会社に行く」という場合もработаを使って示すとよい、とさとうさんの「アネクドートに学ぶ 実践ロシア語会話」にあった。工場でもオフィスでも場所は問わずの便利な表現。
Я поехал на работу.「仕事に行くよ」
完了体過去形で未来を示す面白い用法。
「現代ロシア語文法 中上級編」では想定・予定とあるが、これは仮定法が絡んでいるようだ。
頭の中の思いはすでに会社に飛んでいるのだが、現実はまだ違う場所にいる。そういう意識と事実とのずれが仮定法の形態をとって過去形となっている。


英語にも似た表現がある。
It is time we went to work. 「仕事に行く時間だ」
このwentは事実と意識のずれが意識されて仮定法となっている。 ちなみに英語では仮定法過去と呼んでいる。

この場合の発話者の頭の中のイメージはロシア語も英語も同じと考えていいだろう。


アネクドートに学ぶ実践ロシア語会話アネクドートに学ぶ実践ロシア語会話
(2006/10)
さとう 好明

商品詳細を見る

今日のアネクドート-41

劣勢が伝えられていたヒラリーさんが、オハイオ州でオバマ氏に勝った。
テキサスでも若干リードしているという。

相手の欠点をあげつらうネガテイヴキャンペーンには食傷気味だが、今後4年間(ひょっとしたら8年間)ほぼ毎日テレビのニュースに登場してくるだろう人物の値踏みはしっかりしてもらいたいところ。
この二人が大統領・副大統領という夢のタッグを組んで共和党の候補者と戦うのであれば大差での勝利間違いなしなどとも言われている。

ロシアでもプーチン大統領が後釜に指名したメドベージェフ氏が勝利したばかり。こちらにはすでに夢のタンデムチーム?が存在。
今のところはGood Chemistryのようだが、権力は魔物、どこまで二人の仲がもつことやら・・・・

<今日のアネクドート>
Блондинка спрашивает подругу:
- Как ты думаешь, почему наша секретарша называет одного из своих боссов "уважаемым", а другого - "глубокоуважаемым"? Чем второй
отличается от первого?
- Наверное, должностью, служебным, так сказать, весом.
- А вот и не угадала: не весом, а длиной!



<日本語訳>
金髪の女性が同僚に尋ねました。
「ねえ、あなたどう思う?ほらあの秘書が、上司の一人を「尊敬する」をつけて呼んで、もう一人を「深く尊敬する」をつけて呼んでいる理由よ。後の方の呼び方って、前の方と何が違うと思う?」
「多分、地位だとか、仕事の内容とか、重みのようなものよ」
「それじゃ、はずれね。重みじゃなくて、ナ・ガ・サでよ!」


угадатьはクイズなどの答えが「当たり」のときに使う表現だ。主語のтыが省略されている。
так сказатьは「~のような」という前置詞的な使われ方をしている。

同僚は金髪女性の謎解きにまじめに答えてしまった。
敬意の示し方の違いは、上司の一物の長さによってということらしい。

ちなみにロシア人の性生活は激しいというのを読んだことがある。
厳しい自然で外には出られないことが多く、屋内で体を動かすといえばアッチになるという。
夫婦間の合体は1週間に7回はらくらくクリアとか。
いつでもドアならず、いつでも???
最近は、暖冬でサンクトぺテルブルグもほとんど雪は降らないというから、どうなのだろう。
あまり詮索してもしようがないか。
失礼しました・・・


今日のアネクドート-40

日本の鉄道は時間の正確さだけでなく、アナウンスの馬鹿丁寧さで世界トップクラスといわれている。
いちいち降りるさいに「お忘れものないように」など言われなくても気をつけてるって・・・と思いながらも丁寧なことは結構いいかも!などと思ったりもしている。
新幹線などは日本語のアナウンスだけでなく英語までやってくれる。
Be sure to take all belongings with you.
なんて、群馬あたりで降りるのは日本人ばかり。
日本なんだからそこまでしなくてもと思うのだけど・・・

<今日のアネクドート>
Почему на ракеты не ставят систему MIKROSOFT?
Потому,что она либо зависнит, Либо вернется за подтверждением.


<日本語訳>
どうして、ロケットにはMIKROSOFTのシステムが導入されないのですか?
なぜかというと、このシステムはフリーズしてしまうか、確認のために戻ってきてしまうからです。


Windows XPになってフリーズするようなことはあまりなくなった。自分は98からコンピュータに触れるようになったが、Windowを3つくらい開くととたんにフリーズ。そんなところを皮肉っている。
MICROSOFTではなくMIKROSOFTとしたのはMicrosoftに遠慮があったのだろうか。
ロシア語でcは「ス」の音だが、この会社名の「c」を「マイスロソフト」などとはロシア人でも読みはしないだろうに・・・

ставитьは不完了体現在。一般的事実を述べる表現となっている。ставить A(что) на B(что)で「AをBに置く・据える」からここは「AにBを導入する」という意味にとった。
зависнуть<完>(зависать<不完>)зависнитはзависнетが変化形としては正しいのだろう。意味は「停止する」で、ここでは「<コンピュータなどのシステムやプログラムが>フリーズする」の意味になっている。この意味は岩波や研究社の露語辞典には出ていない。講談社のコンサイス露和には載っている。辞書も新しくしてくれないと日本のロシア語学習者はどんどん置いていかれてしまう。出版事情はあるとはいえ、専門家は何やってんだ!と言いたくなる。(すいません、えらそうなこと言って。弱気になってしまった・・・)
вернетсяは完了体未来。
либо A, либо Bは「Aか、あるいはB」となりどちらか一方の意味で一回の動作が強く意識されて完了体未来が使われているのだろう。
「もし使ったらこんなことになっちゃうでしょ」の「なっちゃう」って感じなんとちゃう?
何言ってんだか・・・

プロフィール

Nao Takahashi

Author:Nao Takahashi
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク